「友達を探す」を夫婦で設定。これでiPhoneをなくしても安心

にょんです。

突然ですが、出掛け先でiPhoneがどこへ行ったのか分からなくなって焦ったことはありませんか??

先日、妻のたろと友人とショートコースのゴルフ場で楽しくゴルフを興じている最中のことでした。

「iPhoneがない!」妻のたろが困った顔で言いました。

ホールアウトしたあとに一旦プレイを中断し、iPhoneを探すことにしましたがいくら探しても見つからない…

家からは持って出たはず、これまでのホールに落としたかもしれないし、車に置いてきたかもしれない。

探すのを一旦諦めてプレイを再開したのですがiPhoneのことが気になってしまいプレイにも集中できず心から楽しめていない様子でした。

ラウンドが終わった後に、結局、車で見つかりました(^^;)

しかし、iPhoneをなくしたことにより心の余裕が奪われます。そしてその間をずーんとした気分で過ごす事になってしまいます。

「iPhoneを探す」という機能もありますが、PCがないと確認ができないため家に帰るまでは使えません。iPhoneをなくすのは、大抵は出掛け先ですよね。それに、家に帰ってからでは手遅れになっている可能性だってあります。

そこで、こんなときに役立つアプリ「友達を探す」を紹介します。このアプリはiPhoneに最初から入っています。

IMG_2889

夫婦で登録しておくことの奨め

あらかじめ「友達を探す」アプリで許可しておくことで、リアルタイムで相手のiPhoneの位置情報を確認することができるのですが、この「友達を探す」アプリはiPhoneをなくしてしまったときにも非常に便利な機能となります。

旅行などの出掛け先でiPhoneの失くしてしまったときに、夫婦で行動している時に限られますが、すぐに失くした場所がわかるというわけです。

この記事に冒頭でのゴルフ場の場合であれば、「iPhoneがなくなった!」→「友達を探す」アプリを確認→車にあるのがわかり安心、プレー続行。となる訳です。

その他のメリット

「友達を探す」は他にも例えば以下のような目的で利用できます。

  • 子どもの居場所を把握したい
  • 子どもの迎えの時間を見計らいたい
  • 友達との待ち合わせで自分の位置を教えたい
  • 海外旅行などの旅行先での自由行動で互いの位置を把握したい

これまでは、ドコモ、au、ソフトバンクが有料で提供していたサービス(みまもりケータイ等)を利用する必要がありましたが、iPhoneさえ持っていればこれが無料でできてしまうのです。

デメリット

場合によってはケンカの原因にもなり得るので夫婦の中でもプライバシーには気をつかう必要があります。利用ルールなどはお互い納得してから使う必要があります。

また、居場所を通知したくない場合はオンとオフの切り替えをすることも可能なのでこれをうまく利用すると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする