共働き夫婦、妻の時短行動まとめ

お久しぶりです。ちぃ(妻)です。

最近は(も?)、お互い仕事が忙しい日々でしたが、新居生活にも新しい職場にも少しずつ慣れて、家でゆったりと過ごす時間を楽しむことができるようになってきました。ブログ再開です⭐︎

今日は、この新しい生活に慣れるまで、仕事から帰ってきていかに楽をするか、いかに沢山寝るか、にかけて生活してきた、つまり平日の時短行動を意識してきた、ちぃの時間の使い方を紹介したいと思います。

出社まで

出来るだけ、時間を短縮するためにながら行動を心がけています。

<朝5時45分>
起床
まず顔を洗いコンタクトを目にセット!(とりあえず非効率な動きをしないよう目を覚ます)

<5時50分>
パンをトースト、その間着替えと、化粧(ファンデーションのみ)

<5時55分>
朝食(パン・カップヨーグルト・バナナ)←すぐ食べれるのがポイント。

<6時 5分>
自分の水筒にお茶をつめる、前日準備しておいた旦那さんの弁当を出しておく。時計をはめる。

トイレ、歯磨き。

<6時15分>
家を出る

<7時>
出社

といった具合です。子どもがいるわけではないのでほぼ自分のことをするのみで、起きてから30分で家を出ることができます。そして、頭が働く朝のうちにできる限りの仕事をして帰りは早く帰ることができるように意識してます。

帰宅後

できるだけ、リフレッシュすることと、家事はためないこと、寝る時間を守って明日への活力をつけることを意識しています。

帰宅時間はまちまちですが…

19時半ごろが多いので

<19時半>
帰宅

手を洗いうがいをしたらまず何よりも先に缶ビールをプシュ!一口飲む!これでオフモード!

この切り替え、明日を生きるために私にとっては大切!

<19時40分>
旦那さんは、職場の食堂で晩御飯をとることが多いので一人夕飯

殆ど、前日に旦那さんの弁当を作ったあまりをラップでくるんだものをチンして食べる。

洗い物も極力出さない。テレビを観てだらだらタイム。

<20時半>
のそのそ家事開始。

お風呂の追い炊きorお風呂のお湯を汲む

洗濯物があれば2日か3日に1回ペースで畳む。(ドラム式なので畳むのみ)

部屋の汚れが気になる場合ルンバをスイッチオン。

食洗機をかける。(朝・夜でた食器)ご飯を炊く。(明日夜炊き上がり)

旦那さんはまだ帰っていないので第2の弁当箱に土日に作り置きをしたおかずと

炊き上がっているご飯をつめる。

<21時>
お風呂(つかっている間に歯磨き)頭から洗い、トリートメント中に体を洗う。

<21時40分ごろ>
布団に入る

まとめ

旦那さんが会社から出るのは大体22時なので起きていれば電話しますが、寝てしまうこともしばしば。

そう、私たち夫婦は、朝、夜とも一言も話さないまま終わっていまうこともあります。

もっと早く帰ってきてほしいとか、一緒にご飯を食べたいとか、寂しさや帰りを待って迎えることのできない申し訳なさはあります。でも、代わりに週に1度の定時退社日や土日の休日は一緒に過ごすことを存分に楽しんでいます!

家電に任すことができる部分は任せて、ゆっくりする時間を生み出す。

明日へのエネルギー充電、自分の健康を第一にする。これが私ちぃ時間の使い方です。

時間の使い方や考え方はひとそれぞれですが、同じような思いの人の何かの参考になればと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする