コンタクトレンズは処方箋なしで買っても大丈夫?忙しい人にオススメの購入方法

コマです。

アイシティなどでコンタクトレンズを購入にはまずは眼科を受診する必要がありますよね。

仕方がないので言われるがままに受診しているものの、これって面倒だし時間がかかります。

それに対し、「処方箋なしでコンタクトレンズが買える!」 的な謳い文句のチラシを良く見かけます。

なんか裏商売的な匂いがして怪しいなぁと思って敬遠しがち。いるはずの処方箋がいらないなんて。

でも、これって実際どうなのでしょうか。ちょっと調べてみました。

法律的には問題ない

コンタクトレンズを処方箋なしにコンタクトレンズを購入することは法律的にはなんら問題ないです。売る側も買う側も両方ともです。

むしろ、処方箋という言葉を使うことで、世の中のコンタクトレンズ店に意図的に錯覚させられている節があると思っています。

コンタクトレンズ処方箋は、病院で医者に出される処方箋とは全く意味の異なるものです。

実は厳密に言うと、「コンタクトレンズ処方箋」というものは存在しません。
なぜなら、コンタクトレンズは処方箋を必要とする「医薬品」ではないからです。(コンタクトレンズは「高度管理医療機器」です。)コンタクトレンズ処方箋と呼ばれているものは、あくまでも「装用指示書」であり、医師が薬剤師に宛てた処方箋とは異なります。

引用:なぜ不要?コンタクトレンズ処方箋について | メガネスーパー

コンタクトレンズ店側の論理としては、お客さんの眼に異常が発生した場合に店側で責任を負いきれないから、事前に眼科の受診を必須にしているだと考えられます。

眼科医としてはお客さん(患者さん)が増えてWin-Winの関係な訳ですね。

眼科の受診は定期検診として考えることも

ここまで、眼科の受診が実は不要であることは書きましたが、では本当に受診しなくても大丈夫でしょうか。

コンタクトレンズを眼科の受診なしで購入する自由はありますが、その場合に眼に異常が発生しても自己責任になります。

コンタクトレンズを着用している以上、眼に異常が発生する可能性はありますので、大事に至る前に一年に一回程度は定期的に眼科に受診することは良いことだと思います。

処方箋なしコンタクトレンズはどこで買えばいいのか

コンタクトレンズを処方箋なしで購入するには、大きく分けて店舗で購入するか、ネットで購入する方法があります。

店舗で購入

メガネスーパーというチェーン店では処方箋なしでコンタクトレンズを購入することができます。

メガネ、コンタクトレンズ、補聴器の販売を行う眼鏡チェーン店メガネスーパーは、様々な種類の洗練されたアイテムを販売しています。お客様にピッタリのご満足いただけるような安心・快適な商品をご提供致します。

コンタクト定期便というサービスがあり、これを利用することでお安く、しかも、定期的にコンタクトを配送してくれます。

コンタクトレンズを毎日着用しているような方には非常に良いサービスではないでしょうか。

ネットで購入

Amazonで特に問題なく購入することができます。楽天などほかのショッピングサイトでも購入できるようです。

まずコンタクトレンズ専門のサイトでは「レンズクラス」がメジャーです。私もこのサイトでコンタクトレンズを購入したことがあります。

ただオススメなのはやはりAmazonです。すでにAmazonのアカウントさえあればすぐに購入できるためです。

価格はどうなのか

私の経験上、アイシティなど大手コンタクトレンズ店でクーポンをフル活用して購入する場合と、処方箋なしで購入する場合では値段はほとんど変わりません

眼科を受けたい場合はアイシティなどの店舗、すぐにコンタクトレンズが必要な場合はネットといったようにうまく使い分けると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする