ルンバ(800シリーズ)を買ってみた

引っ越しを機に買った家電、まだあります。 そう、それはルンバ!! 掃除を時短です! お値段は5万6千円でした。そんなルンバを買って3週間。 ルンバの魅力と注意点に迫りたいと思います。 果たして値段なりの価値はあったのか!? ★こちらは我が家のルンバちゃん 2015-02-11 11_Fotor2015-02-11 11_Fotor [toc]

ルンバの魅力#

ルンバのここが凄いと感じたところをご紹介。 すでに持っている人にとっては当たり前のことだらけですが、持ってない人にとっては自動で掃除してくれるのはわかるけど具体的なイメージがピンときませんよね。 実際、私も購入まではどんなものかよく分かってませんでした。 そこで、今回のこれからルンバを購入する人向けに紹介記事を書いてみたいと思います。

その① 1時間ほど放置でOK!#

ルンバの中心のスタートボタンを押すと掃除開始、ウチはLDKが20畳ほどあるのですが、だいたい掃除時間は1時間くらいです。 掃除完了まで一心不乱に部屋をいったりきたりして掃除してます。

その② 予約機能あり!#

手動でボタンを押して掃除開始もできますが、曜日と時間を設定してタイマーで起動することもできます。 平日の日中など、大体家を開けている時間帯に設定しておけば、いつの間にか掃除が終わってます。 朝、掃除の邪魔にならないように椅子やこたつの布団などを上げて置く必要がありますが、これだけで掃除完了だと思えば楽なもんです!

その③ 他ごとできる ルンルン#

ルンバが掃除してる間は基本放置でOKです。(ついつい見守ってしまうのですが。) 最近はルンバが働いている間にカーテンレールを取り付けるDIYしてました。

その④ 何処にそんなゴミが…1?#

ルンバが掃除した後の部屋には髪の毛やホコリが消えている。 さらに、ダストボックスをあけると1回の掃除で「どこにこんなにホコリが、、」と思えるほどゴミが出てくる。 たしかに掃除してくれている実感が湧きます。 ★どこにこんなにゴミが、、、 FullSizeRender-4_FotorFullSizeRender-4_Fotor 汚くてすいません汗

その⑤ 手に持って部屋から部屋へ#

ルンバは意外かもしれませんが、部屋の形状を覚えていません。 行動パターンは結構適当で、ランダムに動き回っています。 ただ、そのランダム具合がうまいことになっているので1時間もあれば部屋全体をだいたい掃除できているようです。 これは動いてるのを見てもそんな感じに思います。 なので、持ち運んで他の部屋に下ろしてもそのまま掃除し続けます。これが結構便利。 週に一回は二階に持って行ってスイッチオンしておけば1台のルンバで家全体を掃除できるわけです! 段差も把握できるので階段周りでも安心して使えます。 また、取っ手がついているのでヒョイと持ち上げて簡単に持ち運べます。 ★この通り 2015-03-15 15_Fotor2015-03-15 15_Fotor

その⑥ 自分で帰還。#

掃除が完了するとドックに向かって帰っていきます。 赤外線のセンサーによりドックに位置を見つけているそうです。 ドックに辿り着いたらそのまま充電されるので充電にかかる手間はありません! ★帰還完了、充電開始! 2015-03-15_14_24_41_Fotor2015-03-15_14_24_41_Fotor

その⑦ なんかかわいい#

ルンバが掃除してる様子をついついじーっと見てしまいます。 ブラシを回転させながら徘徊してる姿を見てるとなぜだか生きているようで愛着が湧いてきます。(カブトガニ?ナウシカの小さいオーム?のような…。) せっかく掃除の時間を節約しようとしているのに本末転倒。。 ルンバはじーっと見ているとなかなか思った通りの場所を掃除してくれません。 なので、「あー、そこじゃない!そっちはもうやったでしょ!」とじれったく思っていて 掃除して欲しい場所に移ると「そう、そこ!よしよし」と一喜一憂しています(笑)

注意点#

これまでいい点を紹介しましたが、若干気になった点も紹介しておきます。

その① 掃除ができないところあり#

机や椅子の下は余裕ですり抜けるルンバちゃんですが、高さに余裕がない場所は苦手。 だいたい高さ10cm未満のところは難しいようです。 我が家の無印良品で購入した棚の下には潜り込めません。 また、当然ですが、階段を含め段差がある場所の掃除は無理です。

その② ラグやコンセントに注意#

進行方向にラグの端っこやコンセントのケーブルがあると、ひっかかって格闘し始めることがあります。 ほとんどの場合は自分でクルクル回って脱出するのですが、たまに脱出不能に陥ります。 一度、ドックに帰還できずにそのまま力尽きていました。。 そうしたことがないように部屋をルンバが掃除しやすいよな状態にしておく必要があります。

その③ 意外とうるさい#

購入する前はあまり音について考えてませんでしたが、ルンバの掃除中は結構うるさいです。 テレビなど見てる場合にはかなり邪魔になります。 でもよく考えたら掃除機なので当たり前ですね。。

ルンバの機種はどれがオススメ?#

最後に、ルンバの機種はいくつかありますが一体どれが良いのでしょうか? 最新の800シリーズ(外部サイト)には下記3つがあります。

  • 880
  • 870
  • 871

このうち、我が家は871を選択しました。結論から言うと、ほとんどの人にはこの871がオススメです! 実はどれも基本的な「掃除(ゴミを集める力)に関しての機能」は同じです。つまり、部屋を同じだけ綺麗にしてくれます。 では、何が違うのでしょうか?

871#

まず数字から少々わかり辛いのですが、871が価格が一番安いです。 他の2機種は値段が高い分、871から追加の部分があるのですが、これが必要かどうかで購入する機種が決まってきます。

870#

バーチャルウォール(外部リンク)が2個付属します。ちなみに871は1個です。 バーチャルウォールはルンバに「これ以上いかないで」という箇所に設置します。 ちなみに、我が家では871に付いていた1個すら使ってません

880#

870に加えて、さらにお部屋ナビ(外部リンク)が2個付属します。 複数の部屋をまとめて掃除したいときに使うものです。 我が家では上で書いたとおり、手で持ってルンバを移動させてます。 お部屋ナビはたしかに便利かもしれませんが、後から追加で購入も可能なため必要に応じて買い足すでもいいかもしれません。

iRobot Roomba 自動掃除機ルンバ871 ピューターグレー 871 【日本仕様正規品】
アイロボット(IRobot)
Amazonで見る

まとめ#

いかがでしたでしょうか? 我が家ではルンバは絶賛大活躍中です! 特に私たちと同じような共働きな夫婦では必需品といえるのではないでしょうか!?

この記事が気に入ったら友達にシェアしよう

関連する記事