【コスパ最強】コードレス掃除機BIANCAを使用した感想

2019年6月にコードレス掃除機BIANCA(ビアンカ)が発売されました。

この記事ではBIANCA(ビアンカ)を購入しようか考えている方や、コスパの良いコードレス掃除機が欲しいと思っている方に向けて、メリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

さらに、私が実際にBIANCA(ビアンカ)を購入して1週間ほど利用してみた使用感も併せて紹介したいと思います。

コスパ最強のコードレス掃除機BIANCAを使用した感想#

楽天市場にて5,280円で購入楽天市場にて5,280円で購入

メリット①:コンパクトな割に吸引力が強い#

他の同じような小型のコードレス掃除機に比べて、なんといってもBIANCA(ビアンカ)の最大の特長はハンディークリーナーとは思えない吸引力です。

実際にゴミを吸う様は以下の動画の23秒くらいから確認できます。

正直、実際に使うまでこんなに吸ってくれると思いませんでした。子供がフローリングにこぼした食べ物から、カーペットに挟まった髪の毛まで1発で吸い込んでいきます。

また、なんと液体も吸い込める!今、我が家にはコップに入ったお茶をぶちまける長男(1歳半)がいるのでなんともありがたい機能です。

メリット②:フィルターを水洗いできるためメンテナンス簡単#

フィルタをごと水洗い可能フィルタをごと水洗い可能
なんと、BIANCA(ビアンカ)のフィルターは水洗いが可能です。
この製品のメンテナンスは定期的に水道で洗うだけで良いのでメンテナンスが非常に楽チンです。

さらにいうと、水で流すだけのメンテナンスをするだけで長持ち(するはず)なのでコストパフォーマンスの良さをさらに押し上げる要因でもあると言えます。

メリット③:小洒落たバッグがついており収納しやすい#

リビングにそっと置けるリビングにそっと置ける

写真のとおり、掃除機とは思えない小洒落たバックが付属しています。リビングに置いてあっても違和感のないデザインです。

小型のコードレス掃除機は、さっとゴミを吸いたいときすぐ手元に欲しいのでリビングに置けるメリットは大きいです。

バッグの中身はこんな感じバッグの中身はこんな感じ

デメリット①:小型なので広範囲の掃除には向かない#

当然といえば当然ですが、ダイソンを始めとしたコードレス掃除機のようにリビング全体などの広範囲の掃除には向きません。

他にメインの掃除機が必要です。メインの掃除機を持っていない場合は、まずはそちらを買いましょう。

BIANCA(ビアンカ)はあくまで2台目のポジションでのサブ利用となります。

デメリット②:もっと価格の安い製品あり#

同様な小型コードレス掃除機の製品同様な小型コードレス掃除機の製品

私はBIANCA(ビアンカ)を5,280円で購入しましたが、これよりも安い製品がいくつか存在します。

私が他の製品を試した訳ではありませんが、製品のレビューをみる限り一様にして吸引力がイマイチです。

BIANCA(ビアンカ)このサイズの製品では吸引力が最強だと思います。長く使うことを考えると数千円は高くないと思っています。

付属品#

付属品を箱から出してみました付属品を箱から出してみました

最後に付属品の写真を載せておきます。なんと、予備のフィルターが付属していました。メーカーの心意気です。長く利用させていただきます。

購入方法#

Amazonには存在しないようですので、楽天市場で購入するのがオススメです。

私も楽天市場から購入しました。ポチってから2日くらいで自宅に到着しましたよ♪

まとめ#

BIANCA(ビアンカ)はこんな人にオススメです。

  • すでにメインの掃除機を持っており、ちょい掃除用の2台目サブが欲しい人
  • 商品選びに失敗して吸引力が弱い掃除機を購入してしまい、残念な思いをしたくない人

とくにあまり安い掃除機を買ってしまうと「吸引力が弱すぎて使えない」ということが起こりがちなので失敗したくない人にオススメです

コマ

1週間ほど利用しましたが、とても快適に利用ができています!吸引力の強さは保証します。

この記事が気に入ったら友達にシェアしよう

関連する記事