Macで鳴っている音をそのまま録音する方法

Macで鳴らしている音を録音したくなるってこと、ありますよね。 え、ないって?いや、あるんです。 Macに始めから入っている QuickTime Player でも録音することはできるにはできるんですが、 マイクからの音声入力をどうしてもオフにできず、録音中にマイクの音も一緒に拾ってしまい、これが雑音になってしまうんですね。 なぜ、マイク入力をオフにできないんだか・・・ Macに最初から入っているアプリだけではどうしようもないので、 昔からある定番アプリの Soundflower を使用することで解決できます。

Soundflower#

Soundflowerは以下の公式Webページから無料でダウンロードできます。 https://code.google.com/p/soundflower/ <2016/8/6追記> El Capitanでは2.0b1以降でないと動かないようです。こちらからダウンロードしましょう。 https://github.com/mattingalls/Soundflower/releases Soundflower はオーディオのドライバとしてインストールされるので、 インストール後、音声の出力先を ”内蔵スピーカー” から切り替えることで動きます。 音声の出力先を簡単に切り替えるには画面右上のスピーカーのアイコンを option キーを押しながらクリックします。 スクリーンショット_2014_11_18_0_05スクリーンショット_2014_11_18_0_05

録音方法#

QuickTime Player を起動して、「ファイル」→「新規オーディオ収録」を選択します。 あとはソースを Soundflower に切り替えて録音を開始すればOKです。 オーディオ収録オーディオ収録 Soundflower を仲介することで下記のように出来る訳ですね。 「録音した音を出すアプリ」→「Soundflower」→「QuickTime Player」 なお、今回 QuickTime Player での録音方法を紹介しましたが、これ以外にも Garageband や Logic などでも可能です。 こま

この記事が気に入ったら友達にシェアしよう

関連する記事