高いカフェ代を出さなくても節約してコーヒーを楽しむ方法

こんにちは。ちぃです。 夫婦共に愛知県出身なので、カフェ‥というか喫茶店は欠かせない存在でした。(愛知ではカフェとは言わず喫茶店と呼びます。) 私は小さいころ、土日のどちらかは喫茶店にモーニングを食べに 両親に連れられてよく出かけていました。モーニングとは、コーヒーを注文すると パンとミニサラダがついてくるあれです。 今も両親は喫茶店が大好きで、週に1度とは言わずよく出かけていると思います。 そんな喫茶店文化に育ったこともあってか、私たち夫婦もカフェが大好き。 おしゃれカフェを見つけては入って、まったりしてみたり 雑誌に読みふけったり、勉強をしたり 今までカフェにお世話になった回数は数え切れません。 でも、ふと気づいたんです。 最近、私たち夫婦がめっきりカフェに行かなくなったことを… なぜ、私たちはカフェに行かなくなったのか。でも、カフェに行かなくても 満たされた気持ちなのです。外食にかけるお金もめっきり減り、家計簿を確認して さらに満足。 どうして、私たちはカフェに行かなくなっても満たされた気持ちをもつようになったのでしょうか? その理由を語っていきたいと思います。

節約を意識するようになった#

このブログを立ち上げたことやたくさんのブロガーさんの節約ワザに刺激されたことから、節約への意識が高くなったことが一番の理由かもしれません。 おしゃれなカフェのおしゃれな盛り付けを見て入りたくなっても、 メニューの値段を見ながら「これを家でやったら3分の1の値段もしないのに」とか 思ってしまうんですよね、、 そして、実際に家で真似してみるといいじゃん!できたじゃん!となるわけです。 その瞬間が気持ちよくて簡単にはカフェに入ることがなくなりました。 たまにカフェに入るときには「あー、こうやって盛り付けるとおしゃれなんだな」と 勉強する場になりました。

コーヒーやお菓子を持ち歩くようになった#

これも、節約を意識してのこととつながりますが、出かける時には水筒は基本2本持ちで、 1本にはお茶を、もう1本にはコーヒーを入れて持ち歩くようにしています。 飲み物を飲みたくなったときに、お金をかけずにすぐに飲めるようになったのは大きいと思います。 また、同時にお菓子も持ち歩くことが多くなりました。 スーパーでファミリーパックの大袋のお菓子を買っておき、出かけるときにそれをいくつか ジップロックに入れて持ち歩きます。 これに関しては過去に記事にしているので合わせてお読みください。 https://tomoraku-life.com/%e6%b0%b4%e7%ad%92%e3%81%ab%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%92%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%a6%e5%87%ba%e3%81%8b%e3%81%91%e3%82%88%e3%81%86/

朝、家のコーヒーメーカーでコーヒーを淹れるようになった#

2年ほど前にコーヒーメーカーを購入しました。それまでは午後3時くらいになると コーヒーが飲みたくなり、ついついカフェに出かけていました。 2000円ほどの簡単なコーヒーメーカーにスーパーで買ってきた豆を使うだけですが、 やっぱり味わいがインスタントとは違います。 最近になって週末は毎朝このコーヒーメーカーでコーヒーを淹れるようになりました。 家で豆から淹れたコーヒーを飲むようになってからというもの、 美味しいコーヒーが飲みたいという気持ちが満たされたためか、 午後になってカフェにほいほい出掛けなくなったのかなと思います。 ★こちらは我が家で使っているコーヒーメーカーです。

象印 コーヒーメーカー 4杯用 EC-TC40-TA象印 コーヒーメーカー 4杯用 EC-TC40-TA

象印 コーヒーメーカー 4杯用 EC-TC40-TA

posted with amazlet at 15.12.29

象印(ZOJIRUSHI) (2014-09-01)
売り上げランキング: 433

Amazon.co.jpで詳細を見る

ダイニングテーブルでコーヒーを飲む#

これは最近ですが、一目惚れをしたダイニングテーブルを買いました。 そのダイニングテーブルを置いてからは、一気に家のダイニングがお気に入りの空間になり、 そこで食事をしたりお茶を楽しんだりするようになりました。 それまでカフェに出かけていた理由として、「お洒落な空間でゆっくりしたい」という 欲求がありましたが、 カフェに出かけなくとも、お気に入りのものに囲まれて生活する居心地のよさからこの 欲求が満たされているのだと思います。

まとめ#

以上となります! そうはいっても、カフェ好きなのは変わりません! うちカフェも楽しみつつ、「いいな、入りたいなぁ」って思うカフェにはこれからも入って楽しみたいと思います♪ ちぃ

この記事が気に入ったら友達にシェアしよう